「文学極道2016年6月分月間優良作品・次点佳作」発表になりました。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-08-01 22:38 | Comments(0)
日本現代詩人会のHPでは、詩投稿欄の第2期(7-9月)受付を開始しています。
新人の皆様のご投稿をお待ちしています。
第1期は170篇以上の投稿がありました。
第1期、2期選者(共通・敬称略):
野村喜和夫
高貝弘也
峯澤典子
http://www.japan-poets-association.com/
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-07-17 22:13 | Comments(0)
洪水企画から「詩と音楽のための・洪水18号」(¥1,000)発売中。

私は今号から研究論考『「シュルレアリスム」と音楽の決裂』を連載しています。
詩誌「エウメニデスⅢ」に連載していた『シュルレアリスム運動はなぜ音楽を扱いこなせなかったのか』で書ききれなかった説、その後わかった説など詳細を書いていきます。

第一回はギヨーム・アポリネールの「シュル・レアリスム」についてです。

皆さま是非よろしく、お願い致します。
e0023564_0265057.jpg


2024年の「シュルレアリスム宣言から100年」の年までに出版することを目標に論考をまとめていけたら、と思っています。
今年は「ダダ生誕100周年」の年です。未来派からダダ、シュルレアリスムと音楽を研究し続けている私にとって勉強できる絶好のチャンスなので、いろいろと取材できたらと思っています。
ダダと音楽に関して、どなたか他に研究している方がいらっしゃったらお話しできたら、良いなと思っています。


e0023564_0273547.jpg
e0023564_0274474.jpg
e0023564_0303656.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-07-05 00:10 | Comments(0)
「文学極道2016年5月分月間優良作品・次点佳作」発表になりました。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-07-01 13:42 | Comments(0)

昨日から、黒崎立体さんの第一詩集を読み続けている。こんなにも凄い詩集が存在することに愕然とする。一作いっさくの血脈が総体となっていて作者独自の世界の中、感動以上の放心状態を覚える。手触りや紙の色彩までもが効果を発揮していて詩集を超えた作者の総合芸術なのではと思えてくる。凄い。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-06-26 00:55 | Comments(0)

「第7回・202号室賞」選評公開しました。

■「202号室賞」作品大賞
・橋本シオン「十七歳/ミキちゃん」●『擬態する記号と暴かれた自己』
■「202号室賞」新鋭詩集賞
・広田修「zero」●『歴史参与を為した共振』

https://note.mu/ahirakawa/n/nb5c7f69097a1
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-06-15 00:00 | Comments(0)
平成28年6月1日に「第7回・202号室賞」が以下の通り決定いたしました
●「202号室賞」作品大賞
・橋本シオン「十七歳」/「ミキちゃん」
●「202号室賞」新鋭詩集賞
・広田修「zero」(2015年3月・刊)
https://note.mu/ahirakawa/n/n80195f930dc2
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-06-09 16:46 | Comments(0)
「第7回・202号室賞」の選考が終了いたしました。
受賞者にも既に通知いたしました。

近日、発表いたします。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-06-05 00:10 | Comments(0)
日本現代詩人会から、お知らせです。2016年6月12日に「日本の詩祭2016」がホテル・メトロポリタン・エドモンドにて開催されます。第66回H氏賞贈呈、第34回現代詩人賞贈呈など。入場料1000円です。皆さま是非ご参加ください。

http://www.japan-poets-association.com/
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-06-04 00:32 | Comments(0)
思潮社から「現代詩手帖2016年6月号」発売中。
カニエ・ナハさんが詩誌月評で熊本発の文芸誌「アルテリ」について取り上げてくださっています。
地震についても触れていてくださって感動しました。カニエさん、ありがとうございます。
先日、橙書店に遊びにいった際、久子さんのカウンターに現代詩手帖6月号が置いてありました。
カニエさんの評を読んでいたんだと思います。
久子さんは本震後すぐに橙書店再開前から余震中にも関わらず「アルテリ」の注文を受け発送作業を行っていたそうです。
「アルテリ」は素晴らしい雑誌です。執筆者に石牟礼道子さん、伊藤比呂美さん、渡辺京二さん、坂口恭平さん、など。
皆さま是非よろしく、お願い致します。

現代詩手帖で詩集月評をしている阿部嘉昭さんの評も大変、勉強になります。
阿部さんは地震後すぐに熊本へ心を寄せる言葉をFB上で発信していました。
どんなに心づけられたか。
感謝で、いっぱいです。
皆さま是非。
e0023564_0584917.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-06-02 00:58 | Comments(0)
土曜美術出版から「詩と思想2016年6月号」発売中。

私は作品「ミュルと部屋」を寄稿しています。

またインフォメーション欄にて「文学極道2015年年間賞」について取り上げていただいています。
皆さま是非ご一読いただけたら、と思います。
よろしく、お願い致します。
e0023564_0405253.jpg
e0023564_0424687.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-06-02 00:42 | Comments(0)
6月18日、19日に福岡ポエイチが行われます。

http://poeiti.yu-nagi.com/

今年はゲストに谷川俊太郎さんがいらっしゃいます。
まだチケットがあるようです。
チケットぴあ、セブンイレブン、サークルKサンクスなどでチケット購入できます。
2,000円で全席自由だそうです。

私は、
熊本の詩人、清水らくはさんと16年ぶりの再会を果たすために参加します。
誘ってくださった、本野やややさん、とうどうせいらさんに感謝しております。
ありがとうございます。
福岡の皆さん、当日、参加する皆さん、どうぞよろしく、お願い致します。


e0023564_235472.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-06-01 23:06 | Comments(0)
「文学極道2016年4月分月間優良作品・次点佳作」発表になりました。

※(5月に発表予定でした「2015年年間選考経過」はスタッフ被災中のため少々おくれます。ご了承ください。)
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-05-30 22:51 | Comments(0)
e0023564_22514595.jpg
e0023564_225233.jpg

e0023564_22503655.jpg

熊本の月刊誌「詩と眞實6月号」が届く。
この雑誌が出来上がり届くということは地震の中で編集作業がなされて、
印刷もされたということ。
編集長も避難所生活を送っていたのに、この凄まじさに感動してしまう。

今度、編集の皆とお話しする予定。
出来ることは何でも協力していきたい。

深町秋乃さんが熊本で作った詩のフリーペーパー「a calm vol.4」も届く。
感動してしまう。素晴らしい詩誌。皆に読んで欲しいと思った。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-05-26 22:56 | Comments(0)
狼編集室より「狼28号」発売開始。
お問い合わせは狼編集室やamazonなどで。

私は作品「樹影0l」を寄稿しています。
熊本城の銀杏について書いた過去作品に、もう一度向き合い書いた作品です。
秋に取材したりもしていた作品なので今、多くのことを考えさせられています。

執筆:井上宙、石川厚志、梅津弘子、尾花啓一、岡田ユアン、金子忠政、小桜ゆみこ、佐相憲一、颯木あやこ、鈴木正枝、千直明、広田修、葉山美玖、日野零、平川綾真智、福士文浩、長屋のり子、根本正午、長尾雅樹、登り山泰至、冨田民人、葛原りょう、光冨郁埜

表紙画:志久浩介
編集発行:光冨郁埜

皆さま是非よろしく、お願い致します。
e0023564_0275944.jpg

e0023564_0282672.jpg
e0023564_0284737.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-05-22 00:28 | Comments(0)

「CMYK White.」読了。四人の個性が濃縮されていて高めあっていて屹立しあう人生の遡及を体感しました。言葉、詩の感動を再確認しました。あとがきの黒崎立体さんの言葉にも考えさせられました。/「死ぬまで詩を書き続けて、はじめて詩人になれるのだろう。私はまだ生きる。」黒崎立体/本当に詩作品を書き続けている方だからこその言葉です。自分も、そうありたいです。
e0023564_1557928.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-05-20 15:57 | Comments(0)

.

「CMYK White.」読了。四人の個性が濃縮されていて高めあっていて屹立しあう人生の遡及を体感しました。言葉、詩の感動を再確認しました。あとがきの黒崎立体さんの言葉にも考えさせられました。/「死ぬまで詩を書き続けて、はじめて詩人になれるのだろう。私はまだ生きる。」黒崎立体/本当に詩作品を書き続けている方だからこその言葉です。自分も、そうありたいです。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-05-20 15:56 | Comments(0)
e0023564_1793052.jpg
5月14日から群馬県前橋市で「前橋ポエトリーフェスティバル」が開催されます。
私は展示用に詩を寄稿しています。
興味深いイベントが目白押しです。
皆さま是非よろしく、お願い致します。
http://mebu-maebashi.com/poefes2016/
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-05-13 17:09 | Comments(0)
現代詩手帖5月号にてカニエ・ナハさんが熊本文芸誌「アルテリ」を取り上げています。熊本の橙書店などで購入できます。橙書店は熊本文学隊の秘密基地で詩集もたくさん販売しています。村上春樹さんが朗読した場所でもあります。皆さん熊本で文芸の本を買う時は是非、橙書店にお立ち寄りください。
橙書店では伊藤比呂美さんの森鴎外観を聞いたり、和合亮一さんの朗読を聞いたり、中沢けいさんの講話を聞いたりした思い出があります。池澤夏樹さんや高橋源一郎さんと話したり。隣のcafe orangeでは黒崎立体さんが料理の美味しさに感動したり佐々木幹郎さんと牡蠣を一緒に食べたり、とても大切な場所です。谷川俊太郎さんの落書きがあったり素敵な場所です。隠れ家的な雰囲気も魅力です。熊本で皆さん橙書店で本を是非、買ってください。cafeも再開したら是非。私も今月末、行く予定です。皆さん、よろしく、お願い致します。

http://www.zakkacafe-orange.com/
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-05-08 23:08 | Comments(0)
明日5月1日に東京流通センター第一展示場にて第22回東京文学フリマが開催されます。
http://bunfree.net/
私はTOLTAさんのブースで販売されている「現代詩100周年」に参加しています。
皆さま是非よろしく、お願い致します。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-04-30 23:41 | Comments(0)
「文学極道2016年3月分月間優良作品・次点佳作」発表になりました。


●熊本地震の被災者の皆様へお悔やみとお見舞いを申しあげます。すみやかな復興と無事をお祈り致します。(「 文学極道」発起人スタッフ一同 )

※(今回、文学極道の3月分選考に関して熊本で家が半壊したスタッフが家を片付けつつ熊本から選考を提出してくださるなど多くのことがありました。多くを考えさせられます。熊本で10代20代を過ごした者として、また他県で被災した身として自分に出来ることを自問自答する日々です。)
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-04-30 01:35 | Comments(0)
平川綾真智は出張中の佐賀県鳥栖市で被災しました。
現在、鹿児島にいます。

熊本は大変な状況です。
twitterやFBで状況は書いています。

※無事です。怪我などはありません。ありがとうございます。
 熊本は建物倒壊、何度も何度も地震がくる、救援物資が届かないなど大変な状況です。皆さん祈ってください。力をかしてください。お願い致します。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-04-18 13:45 | Comments(0)