.

「CMYK White.」読了。四人の個性が濃縮されていて高めあっていて屹立しあう人生の遡及を体感しました。言葉、詩の感動を再確認しました。あとがきの黒崎立体さんの言葉にも考えさせられました。/「死ぬまで詩を書き続けて、はじめて詩人になれるのだろう。私はまだ生きる。」黒崎立体/本当に詩作品を書き続けている方だからこその言葉です。自分も、そうありたいです。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-05-20 15:56 | Comments(0)
e0023564_1793052.jpg
5月14日から群馬県前橋市で「前橋ポエトリーフェスティバル」が開催されます。
私は展示用に詩を寄稿しています。
興味深いイベントが目白押しです。
皆さま是非よろしく、お願い致します。
http://mebu-maebashi.com/poefes2016/
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-05-13 17:09 | Comments(0)
現代詩手帖5月号にてカニエ・ナハさんが熊本文芸誌「アルテリ」を取り上げています。熊本の橙書店などで購入できます。橙書店は熊本文学隊の秘密基地で詩集もたくさん販売しています。村上春樹さんが朗読した場所でもあります。皆さん熊本で文芸の本を買う時は是非、橙書店にお立ち寄りください。
橙書店では伊藤比呂美さんの森鴎外観を聞いたり、和合亮一さんの朗読を聞いたり、中沢けいさんの講話を聞いたりした思い出があります。池澤夏樹さんや高橋源一郎さんと話したり。隣のcafe orangeでは黒崎立体さんが料理の美味しさに感動したり佐々木幹郎さんと牡蠣を一緒に食べたり、とても大切な場所です。谷川俊太郎さんの落書きがあったり素敵な場所です。隠れ家的な雰囲気も魅力です。熊本で皆さん橙書店で本を是非、買ってください。cafeも再開したら是非。私も今月末、行く予定です。皆さん、よろしく、お願い致します。

http://www.zakkacafe-orange.com/
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-05-08 23:08 | Comments(0)
明日5月1日に東京流通センター第一展示場にて第22回東京文学フリマが開催されます。
http://bunfree.net/
私はTOLTAさんのブースで販売されている「現代詩100周年」に参加しています。
皆さま是非よろしく、お願い致します。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-04-30 23:41 | Comments(0)
「文学極道2016年3月分月間優良作品・次点佳作」発表になりました。


●熊本地震の被災者の皆様へお悔やみとお見舞いを申しあげます。すみやかな復興と無事をお祈り致します。(「 文学極道」発起人スタッフ一同 )

※(今回、文学極道の3月分選考に関して熊本で家が半壊したスタッフが家を片付けつつ熊本から選考を提出してくださるなど多くのことがありました。多くを考えさせられます。熊本で10代20代を過ごした者として、また他県で被災した身として自分に出来ることを自問自答する日々です。)
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-04-30 01:35 | Comments(0)
平川綾真智は出張中の佐賀県鳥栖市で被災しました。
現在、鹿児島にいます。

熊本は大変な状況です。
twitterやFBで状況は書いています。

※無事です。怪我などはありません。ありがとうございます。
 熊本は建物倒壊、何度も何度も地震がくる、救援物資が届かないなど大変な状況です。皆さん祈ってください。力をかしてください。お願い致します。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-04-18 13:45 | Comments(0)
e0023564_22112464.jpg
思潮社より「現代詩手帖2016年4月号」発売中。
石田瑞穂さんが「国民文化祭2015」について書かれていらっしゃいます。
「国民文化祭2015」の「現代詩の祭典」は知覧で開催されました。
私は選考委員として参加しました。
左眼が、ほとんど見えなくなってから初めての大きめの会だったので緊張したことを覚えています。
城戸朱里さんや和合亮一さんに久しぶりにお会いできました。桂子さんとも、たくさんお話しできたことが個人的には大きかったです。
また新延拳さん、竹内美智代さん、渡辺めぐみさん、青木由弥子さん、石川厚史さん、草野理惠子さんなど多くの方と初めてお会いすることができ非常に勉強になりました。皆やさしく文学に熱い方ばかりでした。
石田瑞穂さんとは帰りのバスの中で、ずっと話していたことを覚えています。詩の話これからの芸術の方向性や運動体の話。すべてが宝物です。
「国民文化祭」は2016年から縮小されることが決定されており「現代詩」の部門は無くなります。
けれども多くの方と話していて「現代詩」は決して無くならないと強く思わさせられた2日間でした。
e0023564_22143128.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-04-11 22:14 | Comments(0)
●2015年 文学極道年間賞発表

お待たせしておりました、2015年の文学極道創造大賞、ほか年間各賞が決定しましたので発表いたします。

2015年 年間各賞

上記の発表ページをご覧ください。
各受賞者名および作品タイトルから、その選出作品を読むことができるようになっています。
zero氏、泥棒氏が創造大賞受賞(zero氏は2回目の受賞)。
選考経過は5月頃発表予定です。
なお、他の各ページと同様、発表ページへのリンクは自由です。
URLはこちらでどうぞ。
http://bungoku.jp/award/2015.html
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-04-07 00:30 | Comments(0)
「詩と思想2016年4月号」発売中。
特集の「詩を学べる全国研究会・教室一覧」に熊本県詩人会主催「詩の勉強会」が取り上げられています。
会場の「カフェレストランみなみのかぜ」は去年、詩人の広瀬大志さんと伊藤浩子さんを迎えての朗読会を行うなど、
熊本の重要な詩的場となっています。
皆さま是非よろしく、お願い致します。
e0023564_0493222.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-04-06 00:49 | Comments(0)
思潮社から「現代詩手帖2016年4月号」発売中。
川口晴美さんがTOLTA「現代詩100周年」について書評を書かれています。
「現代詩100周年」に私は作品「g・アンダーカレント」で参加しています。
皆さま是非よろしく、お願い致します。

http://toltaweb.jp/?p=1082
ご購入は上記から。

e0023564_23565682.jpg

e0023564_2357101.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-04-04 23:57 | Comments(0)
3月23日付けの毎日新聞・朝刊に「詩と眞實800号」が取り上げられていました。
「詩と眞實800号」では私は作品『顔貌bダムヤーク』を寄稿しています。
皆さん是非よろしく、お願い致します。
e0023564_1641442.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-04-03 16:41 | Comments(0)
日本現代詩人会の詩投稿欄、本日4月1日よりオープンです。
皆さま是非よろしく、お願い致します。
http://www.japan-poets-association.com/form/
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-04-01 23:49 | Comments(0)
e0023564_2250266.jpg
「詩と眞實802号」発売中。「800号」に寄稿した平川綾真智の作品「顔貌bダムヤーク」に関して言及あり。
また平成28年3月2日の西日本新聞に「詩と眞實800号」の記事が掲載されていました。
皆さま是非よろしく、お願い致します。

画像は先日、古書店で見つけた「詩と眞實」創刊当時を支えた永松定氏・訳のハックスレ―。
読み進めて止まらなくなっています。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-03-31 22:48 | Comments(0)
詩誌「エウメニデスⅢ」50号、発売中です。
私は連載後のエッセイ『「シュルレアリスム運動と音楽」の交差』を寄稿しています。
50号という素晴らしい時に参加させていただき本当に光栄です。
小島きみ子さん、本当に、おめでとうございます。

詩誌「エウメニデスⅢ」50号表紙・巻頭エッセイ;つかもとよしつぐ
|連載詩:渡辺めぐみ
|50号記念エッセイ:平林敏彦・山田兼士・松尾真由美・京谷裕彰
|作品:野村喜和夫・松尾真由美・たなかあきみつ・小笠原鳥類・広瀬大志・海埜今日子・高塚謙太郎・森山恵・伊藤浩子・作田教子・平野光子・藤井わらび・海東セラ・山本崇太・小島きみ子|
|シュルレアリスム特集を終えて・エッセイ:小笠原鳥類・京谷裕彰・平川綾真智|あとがき:小島きみ子|

お問い合わせは小島きみ子さんまで。
皆さま是非よろしく、お願いいたします。

「シュルレアリスム運動と音楽」連載に関してのエッセイは、更に膨らましたものを、
いつか、どこかで発表するかもしれません。
「シュルレアリスム運動と音楽」の関しての研究は、まだ続きますので、
皆さま是非これからも、よろしく、お願いいたします。
e0023564_23221819.jpg
e0023564_2325840.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-03-27 23:25 | Comments(0)
「文学極道2016年2月分月間優良作品・次点佳作」発表になりました。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-03-24 22:12 | Comments(0)
日本現代詩人会スタッフから、お知らせです。
日本現代詩人会のHPの詩投稿欄を4月初旬にオープンします。

日本現代詩人会では、新人の皆様の投稿をお待ちしています(会員は除きます)。 
投稿欄選者: 野村喜和夫 高貝弘也 峯澤典子(順不同・敬称略)
3ヶ月毎に選考。入選作に講評をつけてHP上で発表します。
詳しくは日本現代詩人会のHPにて。
皆さま是非よろしく、お願い致します。
http://www.japan-poets-association.com/
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-03-23 22:11 | Comments(0)
将棋文芸誌『駒.zone vol.11』公開
https://note.mu/rakuha/n/n8eb84333e7cd

私は詩作品「しんじつ君ごよみ」を寄稿しています。升田式石田流の棋譜についての詩です。

本号は「・将棋詩特集」です。
将棋詩、将棋短歌、将棋小説など。
清水らくは氏、田代深子氏、平川綾真智など。

将棋が分からなくても楽しめます。
さて囲碁のソフト対人間が盛り上がっているようです。
3連敗という想像以上の結果と対局内容に人間が、もう一勝も出来ないのではないかという中での1勝、素晴らしいことだと思います。
将棋電王戦も、もうすぐです。人類代表の山崎八段には是非よい棋譜を残して欲しいと思います。

皆さま是非よろしく、お願いいたします。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-03-13 23:48 | Comments(0)
日本現代詩人会の選考結果、H氏賞に森本孝徳氏『零余子回報』(思潮社)、現代詩人賞には尾花仙朔氏『晩鐘』(思潮社)が選ばれました。
http://japan-poets-association.com/news/541/
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-03-08 10:26 | Comments(0)
e0023564_13146.jpg

e0023564_12376.jpg
「現代詩手帖2016年3月号」発売。
「詩誌月評」の欄で、カニエ・ナハさんが「詩誌EumenidesⅢ」を取りあげています。
私の「音楽とシュルレアリスム」の論考にも触れていただいております。
カニエさん、ありがとうございます。
中原中也賞受賞おめでとうございます。
カニエさんのシュルレアリスムへの視点が大変、勉強になりました。

さて今年の「現代詩手帖」ですがカニエさんの「詩誌月評」と阿部嘉昭さんの「詩集月評」が非常に面白く勉強させていただいております。
毎月何百冊もの詩誌/詩集が段ボール箱いっぱいに届く月評は、かなり過酷なはずです。
しかし、お二人ともご自身の世界で楽しまれているような印象を持ちます。
皆さんも是非、月評を読んでみてください。おそらく最後までテンションが保たれるであろう今年の月評は、読むだけで評の書き方や詩の読解力について豊饒なものを得ることが出来るような気がしました。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-03-04 01:03 | Comments(0)
e0023564_1385079.jpg
2016年1月23日に「詩と真実」800号記念号合評会と祝賀会がありました。
私も参加いたしました。小説家の園村昌弘さんや宮本誠一さん、熊大でお世話になった中村青史先生、来賓でいらっしゃっていた詩人の藤坂信子さんなど久しぶりにお会いすることが出来たくさんお話しすることが出来ました。
園村さんからは漫画『天智と天武』の原案取材や今後の構想なども、お聞きすることが出来、非常に勉強になりました。
800号記念会のことは2016年2月5日づけの熊本日日新聞でも取り上げられ記事が掲載されていました。

たくさんの方が亡くなっていることにショックを受けたりもしましたが書き続けていこうと改めて思った一日でした。皆様これからも是非よろしく、お願いいたします。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-03-03 01:38 | Comments(0)
「文学極道2016年1月分月間優良作品・次点佳作」発表になりました。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-02-29 01:26 | Comments(0)
e0023564_2251622.jpg

現在、黒崎立体さんのネットプリントを利用した個人誌「終わりのはじまり」の最終号配信に伴い、
バックナンバーも配信されています。
私はvol.04に参加しています。
再配信の予定は今後ないようなので是非、皆さまこの機会によろしく、お願いいたします。

詳しくは、
http://kurosakirittai.blogspot.jp/2016/02/blog-post.html

====「引用」=========================================


最終号を配信中の『終わりのはじまり』ですが、
バックナンバーをいくつか配信します。
創刊号であるvol.01と、ゲストの方に詩を書いてもらったvol.04・vol.05を再配信します。

★「終わりのはじまり」バックナンバー再配信
セブンイレブンネットプリント
予約番号
vol.01 20118002
vol.04 98756192
vol.05 19744294
配信期間は 2/22 23:59 まで。


★印刷方法
1.セブンイレブンに行きます。(クリアファイルなど持参すると便利です)
2.マルチコピー機の操作画面で「プリント」→「ネットプリント」を選びます。
3.予約番号を入力します。
4.「2枚を1枚/両面」という部分をタッチして、「2枚を1枚:する」「両面:短辺とじ」を指定します
5.印刷します。
6.表紙が外側になるよう真ん中から半分に折って、完成です。

★終わりのはじまり バックナンバーについて

vol.01 2013年4月23日発行
詩「とぶ」「かけらをあつめる」


vol.04 2013年7月27日発行
ゲスト:平川綾真智さん

詩「正解だ」平川綾真智
詩「光について」黒崎立体


vol.05 2013年9月28日発行
ゲスト:亜久津歩さん

詩「死にたくないけれど悲しまれたい」 亜久津 歩
詩「死にたくないけれど悲しまれたい」 黒崎立体



今後、バックナンバーを配信する予定はありませんので、
よろしければこの機会にぜひ。
どうぞよろしくお願いいたします。

===============================================

終わりのはじまりvol.10 最終号は予約番号 03636756
「2枚を1枚:する」「両面:短辺とじ」と設定
40円 2/22 23:59まで。
ゲスト:なみたま
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-02-18 22:57 | Comments(0)