<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

e0023564_1543850.jpg
第30回国民文化祭・現代詩の祭典にて選考委員を務めます。
7月に知覧の特攻基地ちかくで行われる選考会に出席いたします。
また授賞式などにも出席する予定です。
皆様よろしく、お願い致します。

===============================================


平成27ち年10月31日(土)から11月15日(日)に鹿児島県内各地で国内最大の文化の祭典「第30回国民文化祭・かごしま2015」が開催されます。

 南九州市では「現代詩の祭典in南九州市 ~詩の現在・詩の未来~」を11月8日(日)に南九州市コミュニティセンター知覧文化会館で開催いたします。当日は,公募した作品の中から優秀作品を表彰し,地元文化団体によるアトラクション,城戸朱理氏・和合亮一氏・石田瑞穂氏をゲストに迎え,「詩の現在・詩の未来」をテーマとした鼎談,詩の朗読を行います。

 開催に先立ち,平成27年4月1日(水)から6月30日(火)にかけて,現代詩作品を公募いたします。

 実施要項,作品募集要項及び作品応募票(いずれもPDF)は,このページの一番下でダウンロードできます。

◎現代詩の祭典in南九州市 作品募集要項
1 サブテーマ
 ~詩の現在・詩の未来~

2 趣旨
 終戦から70年にあたる今年,世界はさらに多様な混迷の中にあります。いったい私たちはどこへ行こうとしているのでしょうか? 特攻基地のあった南九州市知覧で,命の根源を見つめ,詩の現在と詩の未来を問います。真の詩を求めて広く詩作品を募集いたします。

3 主催者
 文化庁 鹿児島県 鹿児島県教育委員会 南九州市 南九州市教育委員会 日本現代詩人会
 一般社団法人日本詩人クラブ 鹿児島県詩人協会 第30回国民文化祭鹿児島県実行委員会
 第30回国民文化祭南九州市実行委員会

4 事業内容
 (1)自由なテーマで全国から詩の作品を募集し,優秀作品を表彰します。
 (2)城戸朱理氏・和合亮一氏・石田瑞穂氏をゲストに迎え,詩の朗読会や「詩の現在・詩の未来」をテ
   ーマにした鼎談,地元文化団体によるアトラクションを予定しています。

5 応募受付期間
平成27年4月1日(水)~6月30日(火)(当日消印有効)
(略)

7 審査
  次の選者により審査を行い,入選・入賞作品を決定します。審査結果については,入選・入賞者に通知
 します。審査についての問い合わせ及び異議は受理しません。
 選者(五十音順・敬称略)
  1次審査 池田順子 宇宿一成 古賀博文 茂山忠茂 高岡修 西田義篤
       平川綾真智 宮内洋子 村永美和子 山之内まつ子
  最終審査 岡耕秋 新藤凉子 鈴木豊志夫 高岡修 
       竹内美智代 山田隆昭 渡辺めぐみ

8 賞
 文部科学大臣賞 国民文化祭実行委員会会長賞 鹿児島県知事賞
 第30回国民文化祭鹿児島県実行委員会会長賞 鹿児島県教育委員会教育長賞
 南九州市長賞 南九州市教育委員会教育長賞 第30回国民文化祭南九州市実行委員会会長賞
 日本現代詩人会会長賞 一般社団法人日本詩人クラブ会長賞 鹿児島県詩人協会会長賞 

9 発表
(1)日時 平成27年11月8日(日) 13時~16時30分
(2)会場 南九州市コミュニティセンター知覧文化会館
      〒897-0302 鹿児島県南九州市知覧町郡17880番地
      TEL 0993-83-2111

http://www.city.minamikyushu.lg.jp/cgi-bin/hpViewContent.cgi?pID=20150311095718
e0023564_1545289.jpg

[PR]
by ayamati-hirakawa | 2015-04-30 01:54 | Comments(0)
e0023564_1373390.jpg
「NHK短歌テキスト2015年5月号」発売中。
「ジ・セ・ダ・ィ・タ・ン・カ」のコーナーに、
黒崎立体さんが「ほたるやみ」と冠し7首を寄稿されています。

 さみしさが飽和するとき心臓はたった一度のみずうみになる

言い当てられた昇華が体現していく体内に産出と死への輪廻をもたらしていきます。
ここまで強度のある作品には憧れを抱きます。
皆様、是非。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2015-04-29 01:15 | Comments(0)
「文学極道2015年3月分月間優良作品・次点佳作」発表になりました。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2015-04-27 14:52 | Comments(0)
●2014年 文学極道年間賞発表


お待たせしておりました、2014年の文学極道創造大賞、ほか年間各賞が決定しましたので発表いたします。

2014年 年間各賞

上記の発表ページをご覧ください。
各受賞者名および作品タイトルから、その選出作品を読むことができるようになっています。
田中宏輔氏が5年連続5回目の創造大賞受賞で史上2人目の殿堂入りに。最優秀抒情詩賞受賞のzero氏が創造大賞次点に。同じく新人賞受賞の阿ト理恵氏が創造大賞次点に。
選考経過は5月頃発表予定です。
なお、他の各ページと同様、発表ページへのリンクは自由です。
URLはこちらでどうぞ。
http://bungoku.jp/award/2014.html
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2015-04-05 12:04 | Comments(0)
e0023564_2244929.jpg
「詩誌Eumenides第3期・第47号」発売開始。
お問い合わせは主催の小島きみ子さんまで。

執筆者は、小島きみ子・高塚謙太郎・広瀬大志・松尾真由美・金子忠政・京谷裕彰・鹿野剛・漆原正雄・勅使河原冬美の各氏と平川綾真智です。
2015年の年間の特集は「シュルレアリスム」で論考の連載執筆は、京谷裕彰氏と平川綾真智が行います。

私は3回にわたって「音楽とシュルレアリスム」の論考、
『なぜ「シュルレアリスム運動」は音楽を扱いこなせなかったのか』を連載しています。

皆様、是非よろしく、お願い致します。
いつかwebでシュルレアリスムの絶頂期は音楽史で、どの時期にあたるのかを、
動画サイトの音源などを使い書けたら、と思っています。

皆様、
どうぞ、よろしくお願い致します。
e0023564_225182.jpg

[PR]
by ayamati-hirakawa | 2015-04-03 02:25 | Comments(0)
e0023564_212154.jpg
3月28日に熊本大学の研究室でお世話になっていました、
「丸山定巳先生のお別れ会/偲ぶ会」に参加しました。

会の際に献詩「白川141227」を献呈させていただきました。
この献詩は「狼」や「丸山定巳先生追悼集」などに掲載予定です。
webにもアップできたら、と思っています。

水俣病研究の第一人者として一人の人間として、
先生には多くのことを教えていただきました。
どうか安らかでありますように。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2015-04-03 02:11 | Comments(0)
日本詩人クラブより「日本現代詩選2015」発売中。
新鋭から連達詩人まで465作品を収録したアンソロジーです。
また土井晩翠など先達詩人の顕彰と作品鑑賞など。

私は作品・「・ターミナルd」・で参加しています。
皆様、是非よろしく、お願い致します。


e0023564_1562191.jpg

e0023564_1573731.jpg


e0023564_1582083.jpg

[PR]
by ayamati-hirakawa | 2015-04-03 01:58 | Comments(0)