<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

一次選考を提出したので手首はニガウリ・カフェラテだ
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2010-09-28 23:50 | Comments(0)
文学極道「8月分選考雑感」アップされました。
今月の文責者は浅井康浩さんとミドリ (織田和彦)さんです。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2010-09-27 16:04 | Comments(0)
文学極道の代表が
ダーザイン (武田聡人)
から、
ミドリ (織田和彦)
に交代になりました。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2010-09-22 12:13 | Comments(1)
2010年8月分月間優良作品・次点佳作発表になりました。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2010-09-22 12:09 | Comments(0)

暑気が逃げずに鰈を瓦に挿しています

忙殺は良い汗です





高塚謙太郎さんから詩誌「Aa」をいただきました。
作者それぞれが自身の最大限を突き詰めながら先への意識を持っているため
作品が全て愛情深いものになっていて
詩を書きたくさせる圧巻の触発的起爆を抱きます。
高塚さん望月さんの立像は年々強固に流動し、
タケイさん八柳さんの安定した破壊は作者の引力になり、
贅沢の有機だ、という感想を持ちました。
高塚さん、ありがとうございます。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2010-09-22 11:55 | Comments(0)

表彰式へと先生達にお会い出来て嬉しい。
久しぶりに園村昌弘さんとがっつり話せて
まっぽしな志は更新されます。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2010-09-09 21:24 | Comments(0)


  長居煎氏の第二詩集「恋々マトリョーシカ」は、瞬間瞬間の清濁を剥く永劫への丸い刃だ。序詩から始まる26篇は、どれもが腐敗に齧られる社会への風刺に満ち、人間の存在的脱皮を促していく。
  人は産み出された瞬間まっさらな結晶であり純たる生命として、どんな芥からも隔絶されている。それは家族に、周囲に、有無を言わせぬ笑顔を湧かせて、変遷する時代の横暴を切り崩す輝きを柔和に発する。自らを思い返してみても、そこには嬉々と描き上げられた事実が確かなものとして立っている。しかし時間は非情なもので、結晶は規範に染まり人間へと濁ってしまう。すぐに朽ち果てていく強欲者が無垢を食らい続ける制度と構造の中に必ず落とされてしまうのだ。
  長居氏はレトリックを突き詰めトリックに発展させた多彩を使い世相の面を割いていく。産まれたばかりの我が子への愛情を砥ぎ石に、連綿と続いて来た不誠実を、斬り革命を叫ぶ。人間を脱ぎ革新を導くのは、一人でない強さの了承とも言えるだろう。


    「こどう/のなかの鼓動/とめどなく巡る/祈り/こえ/のそこの声/一夜で変わる/
    歴史」                                          
                                           (「恋々マトリョーシカ」)


  社会には父である自らも座っていたのかもしれない。その嘆息が見えるからこそ遊び心あふれる、氏の刃は鋭いのだ。


(詩と思想2010年6月号初出に加筆・修正)
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2010-09-07 23:04 | 喜 詩 | Comments(1)

酷暑に幸せのピノは心臓
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2010-09-05 14:50 | Comments(3)