<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

阿部嘉昭さんの選考・選評をアップしました。
2009年11月分選考・選評(阿部嘉昭)
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2009-12-28 22:42 | Comments(0)
文学極道「2009年11月分月間優良作品・次点佳作」発表になりました。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2009-12-28 22:38 | Comments(0)
2009年10月分選考雑感 」アップしました。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2009-12-06 18:49 | Comments(0)
「詩と思想12月号」の詩誌評で、
書籍「文学極道No.2」が伊藤浩子さんに取り上げられました。
ありがとうございます。

発起人のダーザイン(武田聡人)さん、榊蔡さん、
宮下倉庫さん「スカンジナビア」「僕らは樽を抱いて眠れ」、
浅井康浩さん「アゲハのジャム」、
ピクルスさん「白梅」、
軽谷佑子さん「晩秋」、
いかいかさん「朝の陀羅尼」、
Canopus(角田寿星)さん「生還者たち」、
Arさん「結晶」、
加藤紗知子さん「(現実)」、
一条さん「helpless」、
各コラム、
について触れてあります。

ありがとうございます。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2009-12-06 18:35 | Comments(0)
詩と思想12月号発売。

「現代詩の挑戦」に
長編詩作品、
「しんじつ君日和」
を寄稿しました(6ページ)。

ご意見ご感想いただけたら嬉しいです。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2009-12-06 18:18 | Comments(2)
〈中級〉
宗教曲内の一つの解釈のあり方ですが、
16分音符は、

16 = 8 + 8

です。

8 = 天使
です。
天使は8肢という説があります。そこから来ていると考えられます。
(ここから追記)
また天使9位階というものがあり、8番目が大天使にあたるので、そこから来ているという説もあります。
ガブリエル、ラファエル、ミカエル、など御馴染の天使は大天使という説から来ているのかもしれません。
ここを詳しくやると、天使像の変遷とヘブライ文化に踏み込むことになります。
ちなみに数字 9 は、これまた面白いので、また機会を取って述べますね。
(ここまで追記)
一般的に、8分音符は天使を表します。


8分音符は装飾音符です。
音に舞う天使と解釈できます。

16分音符は、意訳して、
たくさんの天使、
となります。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2009-12-06 00:20 | Comments(0)
〈中級〉
4分音符の解釈の一つ。

4分音符の4ってなんだと思いますか?
いろいろな説がありますが一つの解釈として、

4 = 大地

です。東西南北の4であり火・土・水・風の4元素を持ち4本足で生物が立つ大地です。

4分音符は、
天地創造の大地であり、
人間の生きるこの地であり、
世俗を表しているという解釈の仕方があります。
宗教曲ではなく世俗曲で4分音符が多く使われるのは、このためでもあります。


ちなみに
2分音符は人間。
8分音符は天使です。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2009-12-05 12:57 | Comments(2)