<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

文学極道月間優良賞次点佳作
5月分発表になりました
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2008-06-22 20:36 | Comments(0)
瀬崎祐さんから「そんな風に過ぎていく」の批評を書いたとのお手紙をいただきました。
ありがとうございます。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2008-06-11 23:36 | Comments(0)
文学極道4月選考雑感アップしました。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2008-06-07 00:01 | Comments(2)
宇宿一成さんから「詩創11号」をいただきました。
ありがとうございます。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2008-06-03 18:36 | Comments(1)
1とはある種の無限です。
2とは二本足で立つ人間です。人間であることによる精神世界や原罪なども表します。
3とは宇宙の表象であり絶対です。イシス-オシリス-ホルスな聖なる三角。父と子と精霊との三位一体。3でアホになるのというのはかなりのアナーキストです。
4は大地です。地上です。この世です。立つ獣は四本足です。東西南北の四方向です。空気・火・土・水の四大要素です。地に打ち込まれた十字架も四つの分枝を持ちます。
5は人間という原罪です。キリストが負った傷も五つです。 3番目の数字を1にしてまた3数えると5になります。ので上属を表すこともあります。
6は完全ということの第一の表象です。3であることが2つ並んでいるという考えです。666になると悪魔的なことを表すので(聖書の獣によります)気をつけましょう。第6感は完全ということの第一の表象だったのですが、いつの間にか、悪魔的な呪術的なことへと変わりました。現在は666の影響で不吉な方向性が強くなってきています。
7は完成です。全体です。天地創造が行われた7日間です。音楽も伝統的音階は7つです。ラッキー7は完成なんです。
8は天使です。天使は確か八肢なんです。羽根が4つあるのかな。
9は主(Kyrie)です。いきなりギリシャ語です。ラテン語にはkとyはありません。空気読めるんです。なのに、ミサ定型文に出てきます。父なる神のものに立ち帰る以前のキリストです。父なる神から分離した子なるキリストです。3×3です。
10は掟です。十戒です。


などなど。14がバッハで死と復活だとか他にもたくさんありますが、それらを思って原文読むと面白さが一気に深まります。
どんな本でも。


皆さんはどんな数字が好きですか。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2008-06-02 14:40 | Comments(2)