お知らせ(「詩客」にて黒崎立体氏エッセー

e0023564_16165681.png
web雑誌「詩客」http://shiika.sakura.ne.jp/ の12月20日号にて、
黒崎立体氏がエッセー「私の好きな詩人・第137回 -平川綾真智-」を書いてくださっています。
「骨折りダンスっvol.07」http://honeoridance.seesaa.net/article/251446118.html で発表した詩作品「葦北みっさ」に関して、
過去作からの流れと時系列上に拡張していく視点から評してあります。
とても勉強になると共に作品内に埋め込まれている人間へ触れてもらえた気がして涙が出ました。
これからも書き続けていきます。ありがとうございます。
黒崎立体さんは投稿欄時代から目を見張る作家で、ここ数年、作品視点の洪拡と共に傑作を生み出し続けている尊敬し続けている方です。
還流の中で透徹にまなざし業の煩悶を完遂していくこと。その姿勢には私自身かなりの影響を受けています。
詩という独孤を更に追い求める動機となる評を頂けたような気がしています。
黒崎立体さん、本当に、ありがとうございます。
これからも是非どうか、よろしく、お願い致します。
[PR]
by ayamati-hirakawa | 2014-12-21 16:16 | Comments(0)