「文学極道2016年8月分月間優良作品・次点佳作」発表になりました。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-09-23 22:59 | Comments(0)
熊本文学隊の本拠地、橙書店が地震による移転することになりました。
移転前最終イベント、
「伊藤比呂美×新井敏記 トークショー 橙書店 おわりと新しいはじまり」
に参加してきました。

佐賀の鳥栖で本震に被災しホテルで大パニックと死を覚える恐怖と余震を経験してから、
もう5ヶ月になります。
熊本は5月に行ったときから少しずつ前進してきていましたが、
傷痕は深く、
10代20代を、ずっと熊本で暮らしてきた身として多くを考えさせられます。

比呂美さん、久子さん、跡上さん皆が元気なのが何よりでした。
橙書店が移転してからも通い続けようと思います。

久子さんが橙書店移転に当たって、
「移転祝いはいらないので、その変わり橙書店で一冊本を買って欲しい。
 そして、その本を一生大切にして欲しい。」
と言っていたことが印象的でした。
久子さんの涙など感情を揺さぶられるイベントでした。

これからも熊本のために何でもしていこうと決心しました。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-09-23 11:47 | Comments(0)
詩と眞實社から「詩と眞實2016年9月号No.807」発売中。
合評会記で8月号の平川綾真智「しんじつ君日和」への評が掲載されています。
「斬新さが歴史的」「歴史に残るかもしれない」という評価。
SNS上での空間を詩として再現した作品です。
熊本地震に触れているので多くを考えさせられました。
これからも励んでいきます。
ありがとうございます。

編集長から電話で「しんじつ君日和」を掲載した号は多めに印刷したと聞いたので、
興味のある方は是非ご連絡いただけたら、と思います。

皆さま是非よろしく、お願い致します。
e0023564_012176.jpg
e0023564_0135686.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-09-07 00:14 | Comments(0)
土曜美術出版から「詩と思想2016年9月号」発売。
特集「現代詩ー批評の全景」で、
光冨郁埜さんが「若手詩人たちの作品世界を辿り、詩の豊饒さへ―若手詩人の作品の傾向と表現方法ー」という評文を寄せています。
その評文の中で、峯澤典子さん、岡田ユアンさん、伊藤浩子さん、颯月あやこさん、中村梨々さん、広田修さん、中島真悠子さんと共に、
平川綾真智に関して批評を書いてくださっています。
光冨さん、ありがとうございます。勉強になります。
書き続けていきます。

詩集「202.」収載作品から、
「新屋敷2丁目8月24日」、
「夜空にテラワロス」、
近作から、
『「・ 双葉のツヴォルフ」』
について評をいただいています。
「新屋敷2丁目8月24日」は、初出が「poenique」の「ぽえ。」でした。
しんじつ君名義で投稿し杉本真維子さんが選出してくださり、励みになる選評をいただいたのを覚えています。
「夜空にテラワロス」は、初出が熊本近代文学館発行の「湧水」でした。
詩集に収載されてから人気となった作品で、なんだか泣ける、などの声を多くいただきました。
『「・ 双葉のツヴォルフ」』は、初出が「狼27号」です。
評をいただいたのが初めてだったので今回、非常に勉強になりました。
重ねてお礼を。本当に、ありがとうございます。

皆さま是非よろしく、お願い致します。
e0023564_0573692.jpg
e0023564_0575211.jpg
e0023564_058290.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-09-06 00:58 | Comments(0)
「文学極道2016年7月分月間優良作品・次点佳作」発表になりました。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-08-21 23:32 | Comments(0)
日本現代詩人会HPにて、
日本現代詩人会・第1期投稿欄(4-6月)の入選作と選評が公開。
http://www.japan-poets-association.com/contribute/

皆さま是非よろしく、お願い致します。

(日本現代詩人会HPに平川はwebスタッフとして参加しています。)
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-08-18 23:39 | Comments(0)
日本現代詩人会・第1期(4-6月):詩投稿欄入選作発表。
http://www.japan-poets-association.com/news/823/
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-08-10 01:04 | Comments(0)
土曜美術社から「詩と思想詩人集2016」発売。
私は作品「・ちひろ 1」を寄稿しています。
481名のアンソロジーです。
皆さま是非よろしく、お願い致します。
e0023564_032815.jpg
e0023564_23595146.jpg

e0023564_00116.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-08-02 00:00 | Comments(0)
詩と眞實社から「詩と眞實2016年8月号・806号」発売開始。
私は散文詩「しんじつ君日和」を書いています。
二段組みでp.44からp.69まで。「しんじつ君日和」の震災篇です。
皆さま是非よろしく、お願い致します。

4月に「詩と眞實」編集の方へ安否連絡をした際、その方は家財の片づけを瓦礫の中でしているのに「詩と眞實」の心配をしていて、
「地震で散文が足りなくなるかもしれんけん書いてくれんね」と仰っていました。
その言葉を受けて5月に、ずっと、
これを書いていました。これまで発表したものの再構成も兼ねながらの作業で色々考えさせられました。

もうすぐ4ヶ月になります。
熊本の皆の疲労が段々と出てきています。
復興に向けて出来ることは、
何でもしていこうと思っています。
e0023564_23385187.jpg
e0023564_234119100.jpg
e0023564_2342651.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-08-01 23:46 | Comments(0)
「文学極道2016年6月分月間優良作品・次点佳作」発表になりました。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-08-01 22:38 | Comments(0)
日本現代詩人会のHPでは、詩投稿欄の第2期(7-9月)受付を開始しています。
新人の皆様のご投稿をお待ちしています。
第1期は170篇以上の投稿がありました。
第1期、2期選者(共通・敬称略):
野村喜和夫
高貝弘也
峯澤典子
http://www.japan-poets-association.com/
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-07-17 22:13 | Comments(0)
洪水企画から「詩と音楽のための・洪水18号」(¥1,000)発売中。

私は今号から研究論考『「シュルレアリスム」と音楽の決裂』を連載しています。
詩誌「エウメニデスⅢ」に連載していた『シュルレアリスム運動はなぜ音楽を扱いこなせなかったのか』で書ききれなかった説、その後わかった説など詳細を書いていきます。

第一回はギヨーム・アポリネールの「シュル・レアリスム」についてです。

皆さま是非よろしく、お願い致します。
e0023564_0265057.jpg


2024年の「シュルレアリスム宣言から100年」の年までに出版することを目標に論考をまとめていけたら、と思っています。
今年は「ダダ生誕100周年」の年です。未来派からダダ、シュルレアリスムと音楽を研究し続けている私にとって勉強できる絶好のチャンスなので、いろいろと取材できたらと思っています。
ダダと音楽に関して、どなたか他に研究している方がいらっしゃったらお話しできたら、良いなと思っています。


e0023564_0273547.jpg
e0023564_0274474.jpg
e0023564_0303656.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-07-05 00:10 | Comments(0)
「文学極道2016年5月分月間優良作品・次点佳作」発表になりました。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-07-01 13:42 | Comments(0)

昨日から、黒崎立体さんの第一詩集を読み続けている。こんなにも凄い詩集が存在することに愕然とする。一作いっさくの血脈が総体となっていて作者独自の世界の中、感動以上の放心状態を覚える。手触りや紙の色彩までもが効果を発揮していて詩集を超えた作者の総合芸術なのではと思えてくる。凄い。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-06-26 00:55 | Comments(0)

「第7回・202号室賞」選評公開しました。

■「202号室賞」作品大賞
・橋本シオン「十七歳/ミキちゃん」●『擬態する記号と暴かれた自己』
■「202号室賞」新鋭詩集賞
・広田修「zero」●『歴史参与を為した共振』

https://note.mu/ahirakawa/n/nb5c7f69097a1
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-06-15 00:00 | Comments(0)
平成28年6月1日に「第7回・202号室賞」が以下の通り決定いたしました
●「202号室賞」作品大賞
・橋本シオン「十七歳」/「ミキちゃん」
●「202号室賞」新鋭詩集賞
・広田修「zero」(2015年3月・刊)
https://note.mu/ahirakawa/n/n80195f930dc2
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-06-09 16:46 | Comments(0)
「第7回・202号室賞」の選考が終了いたしました。
受賞者にも既に通知いたしました。

近日、発表いたします。
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-06-05 00:10 | Comments(0)
日本現代詩人会から、お知らせです。2016年6月12日に「日本の詩祭2016」がホテル・メトロポリタン・エドモンドにて開催されます。第66回H氏賞贈呈、第34回現代詩人賞贈呈など。入場料1000円です。皆さま是非ご参加ください。

http://www.japan-poets-association.com/
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-06-04 00:32 | Comments(0)
思潮社から「現代詩手帖2016年6月号」発売中。
カニエ・ナハさんが詩誌月評で熊本発の文芸誌「アルテリ」について取り上げてくださっています。
地震についても触れていてくださって感動しました。カニエさん、ありがとうございます。
先日、橙書店に遊びにいった際、久子さんのカウンターに現代詩手帖6月号が置いてありました。
カニエさんの評を読んでいたんだと思います。
久子さんは本震後すぐに橙書店再開前から余震中にも関わらず「アルテリ」の注文を受け発送作業を行っていたそうです。
「アルテリ」は素晴らしい雑誌です。執筆者に石牟礼道子さん、伊藤比呂美さん、渡辺京二さん、坂口恭平さん、など。
皆さま是非よろしく、お願い致します。

現代詩手帖で詩集月評をしている阿部嘉昭さんの評も大変、勉強になります。
阿部さんは地震後すぐに熊本へ心を寄せる言葉をFB上で発信していました。
どんなに心づけられたか。
感謝で、いっぱいです。
皆さま是非。
e0023564_0584917.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-06-02 00:58 | Comments(0)
土曜美術出版から「詩と思想2016年6月号」発売中。

私は作品「ミュルと部屋」を寄稿しています。

またインフォメーション欄にて「文学極道2015年年間賞」について取り上げていただいています。
皆さま是非ご一読いただけたら、と思います。
よろしく、お願い致します。
e0023564_0405253.jpg
e0023564_0424687.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-06-02 00:42 | Comments(0)
6月18日、19日に福岡ポエイチが行われます。

http://poeiti.yu-nagi.com/

今年はゲストに谷川俊太郎さんがいらっしゃいます。
まだチケットがあるようです。
チケットぴあ、セブンイレブン、サークルKサンクスなどでチケット購入できます。
2,000円で全席自由だそうです。

私は、
熊本の詩人、清水らくはさんと16年ぶりの再会を果たすために参加します。
誘ってくださった、本野やややさん、とうどうせいらさんに感謝しております。
ありがとうございます。
福岡の皆さん、当日、参加する皆さん、どうぞよろしく、お願い致します。


e0023564_235472.jpg

[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-06-01 23:06 | Comments(0)
「文学極道2016年4月分月間優良作品・次点佳作」発表になりました。

※(5月に発表予定でした「2015年年間選考経過」はスタッフ被災中のため少々おくれます。ご了承ください。)
[PR]
# by ayamati-hirakawa | 2016-05-30 22:51 | Comments(0)